2006年09月25日

お食い初めとは

お食い初め(おくいぞめ)とは

無事子供の成長したことを喜び、

子供が一生、食べ物に不自由しないように願い
赤ちゃんに食べ物を食べさせる(まねをする)
儀式です。

いまでこそ大きくなるのは普通のことのように
思われますが、かつては生まれ育つことが
大変困難であったことより親族で祝ったとされます。

起源は平安時代の皇族・公家のあいだでおこなわれていたものが
広まったとされています。
現在皇族でも箸揃えの儀としておこなわれています。

初めて魚肉を食べさせるということで
『真魚(まな)初め』、また
100日前後に行うことから
『百日祝(ももかのいわい)』、
初めて箸を使うことより
『箸揃え』『箸祝い』ともいわれます。



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 生活を楽しむ器と出会う。こだわりの漆器と和食器のお店です。
 日本の伝統儀式であるお食い初めのお膳、銀製根付、ちりめん小物など
 京都の工芸品も取り扱っています。
 ----------------------------------------------------------------
  漆器と陶器のオンラインショップ
  『うつわ日和』

運営 四季や
   代表 横治 功士

  600+8388
  京都市下京区仏光寺通大宮西入る坊門町812+6
  TEL:075+203+6514
  TEL:075+202+8503
  URL http://www.utuwabiyori.com/ 
  blog
   漆の話や京都の歳時
   「四季や」店主の京のできごと
   http://shikiya.seesaa.net/

   赤ちゃんの健やかな成長を祝って
   お食い初め★ネット        
   http://okuizome.seesaa.net/

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ utuwabiyori webshop ■
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。