2007年04月10日

お食い初め|オリジナリティをだしました

 神奈川県 亮太くんのパパからのお便り

お食い初めをした日
 2006年12月10日(日)大安

お食い初めの思い出 会社にいる時、かみさんから
 「今日が100日目、本来のお食い初めの日だね」
 と言う催促とも取れるメールを受信。

 その日は、今から準備しても無理だと思い、
 6日後の週末大安に3人で行いました。

 ネットで色々調べて見ると、
 食器について、本来男の子は朱塗りの器で
 となっていましたが、
 離乳食用の食器でも構わない
 との事だったので
 かみさんの両親に頂いたものを使いました。

 料理については、「鯛の御頭付き」
 (切ったり割いたりしていない魚)、
 しわが出る,腰が曲がる迄長生きする様に
 「梅干や海老」、
 丈夫な歯が生える様に
 氏神様のいる神社で頂いた(拾った)「小石」
 等が必要だと分かり準備に奔走しました。
minnano74_1.jpg
 ここ迄は定番の品みたいですが、
 オリジナリティを出す意味で、
 粘り強い子に育つ様に「納豆」や
 目が良くなる様に「ブルーベリーヨーグルト」
 なんかも並べてみました。

 当日何とか準備を済ませ、
 主役を席に着かせ様としましたが、
 ご機嫌がすこぶる悪く泣き通しで
 とても続けられる状況では無い状態に・・・。

 一時中断し、時間を置いて再挑戦する事にしました。
 その日、2度目となるお食い初めは
 子供の機嫌も何とか回復しており、
 記念撮影を済ませ無事終了となりましたが、
 かたずけ迄終わった時には、
 かみさんと2人疲れきってました。

お食い初めの献立
 鯛&鯛焼き、お赤飯、煮物、
 漬物、はまぐりのお吸い物
 梅干、納豆、果物、
 神社で拾った小石 他
minnano74_2.jpg
お食い初めをされる方にアドバイス
 お食い初めとは言いますが、
 あくまで食べるマネを
 させるだけみたいです。

 それと、昔は「子供が食べ物に一生困らないように」
 と言う意味でやっていたみたいですが、
 今の時代に食べ物に困ると言うのは考えずらいと思います。
 私は好き嫌いせず何でも食べて、
 丈夫に育って欲しいとの願いを込めてやりました。

お食い初め祝い膳

思い出に残る日に

お食い初め祝膳(男児用)
ur-n001kz260_260.jpg
お食い初め祝膳(女児用)
ur-n002kz260_260.jpg
松竹梅蒔絵入りもございます。
家紋入れも承っています。
詳しくは
漆器と和食器『四季や』 http://www.shikiya.net/okuizome/okuizome.html




ラベル:お食い初め
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。