2008年05月14日

汁物

●卵豆腐の吸物

材料(1人分)
 卵豆腐…適量
 吸地
  出し汁…カップ1/2
  塩…適量
  淡口醤油…適量
 さやえんどう…2枚
 塩…適量
 
作り方
1 さやえんどうは筋を取って塩茹でにします。
2 鍋に出し汁を入れて火にかけ、煮立ったら塩、淡口醤油で味付けします。
3 お碗に卵豆腐を盛り、さやえんどうを添え、2の吸地を注ぎます。

●のし餅とはまぐりのすまし碗

材料(4人分)
 はまぐり…8個
 塩、酒…各適量
 大根…40g
 金時にんじん…40g
 三つ葉…8本
 のしもち…2個
 木の芽…適量
 吸地
  出し汁…カップ3 1/2
  酒…大さじ1
  塩…小さじ1/2
  淡口醤油…小さじ1

作り方
1 はまぐりは砂を出して殻をきれいに洗い、鍋に入れて塩と酒を振り、
蓋をして中火にかけて蒸し煮し、口が開いたら殻から身をはずします。
2 だいこんとにんじんは1cm幅、3cmの長さの短冊切りにし、熱湯でサッと茹でます。
3 三つ葉は塩茹でし、6cm長さに切ります。
4 のしもちは1個を4等分し、焼き網のうえでこんがりと焼きます。
5 鍋に吸地をあわせて火にかけ、温めます。
6 お碗にはまぐりの身(両方の殻に入れる)、2〜4を盛りいれ、
上から5の吸地をはり、木の芽を飾ります。

●はまぐりの潮汁

 材料(4人分)
 はまぐり…大8個
 生わかめ…30g
  *旬の季節でない場合は、塩蔵か乾燥のもの
 渦巻き麩…12個
 青じそ…2枚
 酒…大さじ2
 昆布出し…カップ4
 塩…適量
 
1 はまぐりは砂出しをし、殻をきれいに洗って鍋に入れ、
昆布出しと酒を加えて強火にかけ、貝の口が開いたらとり出し、
汁はペーパータオルでこします。
2 生わかめはきれいに洗い、熱湯に通してすぐ水にとり、筋を取って一口に切ります。
3 青じそは細切りして水で洗います。
4 鍋に1の汁をいれて中火で温め、塩で味をととのえます。
5 お碗にはまぐり、わかめ、焼き麩をいれ、4の汁を注ぎ、青じそを添えます。

●しじみの赤だし

 材料(4人分)
 しじみ(からつき)…250g
 あさつき…8本
 出し汁…カップ3 1/2
 赤出し味噌…50g
 粉山椒…適量
 
1 しじみは砂出しをし、殻と殻をこすり合わせるようにしてきれいに洗います。
あさつきは小口切りにします。
2 鍋煮出し汁と1のしじみを入れて火にかけ、しじみの口が開いたらアクを丁寧に取り、
赤だし味噌をときます。
3 2がひと煮立ちしたら火を止め、お碗に盛り、あさつきを散らします。
好みで粉山椒をふります。

●はまぐりの吸い物

 材料(4人分)
 はまぐり…8個
 菜の花…12本
 塩…適量
 吸地
  水…カップ4
  出汁昆布(10cm角)…1枚
  淡口醤油…小さじ2/3
  塩…適量
  
1 はまぐりは塩出しをしてから殻をきれいに洗います。
2 菜の花は塩茹でします。
3 鍋に水、出汁昆布、はまぐりを入れて中火にかけ、沸騰直前で昆布を取り出し、
アクを取り、はまぐりが口を開いたらとりだします。
4 汁をこして鍋に戻し、塩と淡口醤油で味をととのえ、
2の菜の花を加えてサッと温めます。
5 お碗に3のはまぐりを盛り、菜の花を添えて4の吸地を注ぎます。

●かき玉みぞれ汁

 材料(4人分)
 大根おろし…カップ1
 大根葉…適量
 卵…2個
 出し汁…カップ2 1/2
 酒…大さじ2
 みりん…大さじ1
 塩…小さじ1/3
 淡口醤油…小さじ1 1/2
 水溶き片栗粉
  片栗粉…大さじ1 1/2
  水…大さじ2
 塩…適量
 七味唐辛子…適量
 
1 大根の葉は塩茹でにして水に取り、水気を絞って、小口から細かく刻みます。
2 卵をときほぐします。
3 鍋に出し汁を入れて煮立て、酒、みりん、塩、淡口醤油で味付けし、
水溶き片栗粉でとろみをつけ、大根おろしを加えてひと混ぜします。
4 全体に2の溶き卵を流し込み、1の大根の葉を散らして火を止めます。
5 器に盛り、七味唐辛子を振ります。

 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 生活を楽しむ器と出会う。こだわりの漆器と和食器のお店です。
 日本の伝統儀式であるお食い初めのお膳、 銀製根付、ちりめん小物など
 京都の工芸品も取り扱っています。
 ----------------------------------------------------------------
  漆器と陶器のオンラインショップ
  『うつわ日和』
    運営 四季や    代表 横治 功士
   600+8388
   京都市下京区仏光寺通大宮西入る坊門町812+6
   TEL:075+203+6514
  TEL:075+202+8503
   URL  http://www.utuwabiyori.com/
   お食い初めなら
   http://www.utuwabiyori.com/okuizome/index.html
   メルマガ購読はこちらから
   http://www.utuwabiyori.com/info/mailmag.html
   blog
   漆の話や京都の歳時
   「四季や」店主の京のできごと
   http://shikiya.seesaa.net/
   赤ちゃんの健やかな成長を祝って
   お食い初め★ネット        
   http://okuizome.seesaa.net/
 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ utuwabiyori

posted by zizi at 09:37| Comment(1) | お食い初めの献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何でもする。舐めてあげるし。入れてあげる。(ノ゚Д゚)ノシ♂ ttp://ylm.me/
Posted by ぷぅにゃん at 2011年11月25日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。